イザットハウス刈谷店

愛知県刈谷市半城土町のイザットハウス刈谷店/株式会社アイディール『完全外断熱による健康志向のすまいづくり』

健康志向のすまいづくり

健康志向の商品紹介

施工例紹介

アイディールコラム

ブログ

 

会社案内

イベント情報

HOME»  施工手順

施工手順

「こだわりのすまいづくり」の施工手順をご案内します。
ひとつひとつのすまいには、それぞれ異なるこだわりがあります。
お客様のこだわりを形にすることが私たちの役目です。

 

1.地盤調査:スェーデン式サウンディング試験

 

 

言うまでもなく、家の地盤はとても重要!

 欠陥住宅の90%以上は地盤と基礎にかかっているといえます。

 当社では原則、地盤調査をお客様立会で行っています。スウェーデン式サウンディング試験は、お客様がご覧になられても分かりやすい試験で、ご自身でご理解いただけます。

 

全ての物件で地盤調査を実施します。
(通常5ヶ所程度)

 

2.地縄張り・地鎮祭

 

 

地縄張り
:現地に建物位置の縄を張り、位置及び高さの確認をします。

 

地鎮祭
工事の始めにあたり、気持ちを引き締め「立派な家が建ちますように!」工事の安全と御一家のご繁栄、ご健勝を祈念します。

 

3.地盤改良工事:表層改良・柱状改良

地盤改良工事

 

地盤改良工事

 

データーを検討し、地盤が弱い場合は改良工事を実施します。建物の荷重と地盤状態から、最も適した改良工法を決定します。

 

4.基礎鉄筋工事

基礎鉄筋工事

 

基礎鉄筋工事

 

データーを検討し、地盤が弱い場合は改良工事を実施します。建物の荷重と地盤状態から、最も適した改良工法を決定します。

 

5.基礎コンクリート工事

基礎鉄筋工事

 

基礎鉄筋工事

 

データーを検討し、地盤が弱い場合は改良工事を実施します。建物の荷重と地盤状態から、最も適した改良工法を決定します。

 

6.上棟

上棟

 

上棟

 

上棟は、建主にとって最もドラマッチックで、思い出深い日となります。

 

上棟 構造1

 

上棟 構造1

 

木材を繋ぐ金物は、構造上とても重要です。綿密な計算の上、各所に最適な金物を選択配置します。

 

上棟 構造2

 

上棟 構造2

 

壁の剛性を高め、耐火性も併せ持つダイライト(大建工業)は、一石二鳥構造材の優等性です。写真は、専用釘で10cmm間隔に施工しているところです。

 

7.使用材料

使用材料1

 

使用材料1

 

土台:ヒバ無垢材 大引:ヒノキ無垢材 根太:ヒノキ無垢材 通柱:ヒバ集成材 1F管柱間柱:ヒノキ無垢材 構造材は、全て人工乾燥材で、防腐剤防蟻剤は、使用していません。

 

使用材料2

 

使用材料2

 

アイディールでは、下地材から全てVOC(化学物質)に配慮した材料を使います。
F☆☆☆☆は、法で定められた最高等級を示す印です。

 

8.屋根工事

屋根工事

 

屋根工事

 

木造在来工法施工手順の良さの一つは、上棟後屋根をすぐに施工することです。イザットハウスの標準施工では、気密、断熱施工に通気層を挟んだ二重構造になっています。
写真は、気密シート(左)、断熱材(ポリスチレンボード3種55mm)

 

屋根工事2

 

屋根工事2

 

2層目の屋根施工
下地アスファルトルーフィング(左)、ステンレス鋼板葺き(右)